【kintone】レコードの重複を確かめる方法

未分類
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、新卒の中谷です。

kintoneを使っていて、こんなエラーを見たことは無いでしょうか。

処理に失敗しました。(エラーの内容:GAIA_UN01: フィールドに重複の禁止を設定できません。フィールドの値が重複しているレコードがあります。)

もしくは、

値がほかのレコードと重複しています。

エンジニアとして1年も業務をしていると、こういった赤文字のエラー文言を見慣れてしまっている自分がいます。

さて、上記のエラーはフィールドの設定で「値の重複を禁止するorしている」ときに発生するエラーです。

対策としては、どのレコードが重複しているのか確認し、必要であれば修正する必要があります。

今回はその重複している値を見つけるときの方法についてご紹介します。

方法1

1つ目は、集計グラフを活用した方法です。

一覧>集計>横棒グラフより、重複を確かめたい項目名でグラフを作成し、重複が見つかった場合には画像のようにレコード数が2件あることが確認できます。

適用後にグラフにカーソルを合わせると、対象のレコードが一覧で表示されるので、必要に応じて修正します。

方法2

2つ目は集計表を使う方法です。

1つ目の方法には欠点があり、先頭の500件までしか表示の対象になりません

仮にアプリのレコード件数が500件以上存在する場合、先程ご紹介した方法だと全てのレコードを見に行けないということになります。

この場合は棒グラフではなく集計表を使う必要があります。

集計表では1つ目の方法のようにレコード数に上限は無いので、すべてのレコードにおいて重複を確認することができます。特別な理由が無い限りは集計表での重複確認が良いかと思われます。

ドキュメントにも同様の内容でヘルプ記事があるので、併せて読んでみてください。

ルックアップの使用時など、特定のレコードの値を重複したいorしている状態での重複確認の参考になれば幸いです。

ではまた次回!

タイトルとURLをコピーしました